閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

パパでは赤ちゃんは寝かしつけられない?泣くけどどうすればいいの?

ANJ86_suyasuya_TP_V

昔から赤ちゃんを寝かしつけるのはママの役目の家庭が大半です。

特に0歳から1歳半くらいまでの授乳が必要な期間の寝かしつけはママが担当することがほとんどではないでしょうか?

ですが、世の中ちょっと事情が変わってきているようです。

夫婦共働きしないと生計をたてられなくなり、「主婦」という言葉が普通ではなくなってきています。

「主夫」の割合もまだ少ないながらもいますし、家庭における役割が大きく変わろうとしています。

そこでパパは赤ちゃんを寝かしつけることができるのか皆さんの口コミを元に意見をまとめてみました。

スポンサーリンク

ママから変わるだけで泣き始めるから寝かせるなんて無理!

寝かせるのはパパには無理だ・・・

この意見が一番多かったかと思います。

仕事から帰って寝るまでの時間だけでも子供と遊べる至福の時間。

こんなに喜んでくれるならずっと一緒にいたい!
[今日はパパが寝かしつけるぞ!]なんて意気込んでみますが
大体の人が20分くらいであきらめるようですwww

さっきまであんな楽しそうに遊んでくれていたのに布団に入って暗くなった瞬間にギャン泣きスタート!

背中さすっても、トントンしても抱いてあげても泣き止みません。
まだ1歳なのにパパなんて嫌いとか聞こえてきそうなくらいの勢い・・・。

だいたいママでも苦戦してるのにパパにはなおさら厳しいです。
運よく寝てくれたとしてもそれは昼寝をせずに遊んだ結果疲れ果てて寝た感じです。

寝かしつけるのは実はママよりパパが向いてる?

「そんなわけないでしょ!」って思う人が大半だと思います。

その理由には下記のようなものがあるようです。

●パパは授乳ができません。そのため子供があきらめて寝てくれる。

●ママと寝ようとすると一緒にいる楽しさから興奮してなかなか寝てくれない。

●ママの負担を軽くできる

正直な感想はいろんなこと思ってる人がいるなーと思うばかりです。

たしかに子どもが100人いれば100通りの感性・考え方があるわけでそれを否定するわけではありませんが不思議です。

唯一3番目の意見は多くの人が納得できることではないでしょうか?

ママが寝かしつけるのに苦労してるのをみると変わってあげたいと思う反面、実際やってみるとうまくいかないのです。

スポンサーリンク

どうすればパパでも寝かせられるの?

1.就寝30分前からはテレビを見せない

赤ちゃんが寝ない理由としてあげられるのが興奮状態にあるからということです。
そこで交感神経を刺激しないためにも就寝30分前からはテレビを消して目からの情報を得られないようにしていきます。

2.寝る前のルーティンを作る

興奮状態の子供でもやはり遅くまで起きてるのはよろしいとは言えないので、ある程度同じ時間に寝させたい。
決まった時間に寝させることが正解ではないですが、これをしたら寝る時間なんだよというルーティンを決めておくと子供も心の準備ができます。

例えば授乳して歯磨きしておむつを替えたら寝るように毎回同じことを繰り返すようにすると寝る準備をしてるんだなと赤ちゃんの脳が認識します。

3.夫婦で協力して行う

いきなりパパが寝かせるのはなかなか難しいです。
そこで最初はママと協力して寝かせる環境を作ることです!

授乳が続いてる赤ちゃんはやはり満腹にならないと寝てくれないことがほとんどですので授乳まではママ。そこからはパパ。

と言った感じにいきなりパパが寝かしつけるのではなくママから徐々に移行していくことがおすすめです。

添い寝なんかも一緒にしてあげるとパパでも寝てくれるようになっていきます。

YOU2_DSC_0938_TP_V

まとめ

イクメンなんて言葉が多く聞かれて、育休を取る男性が増えてきています。

最初からやったっこともない育児をしようと張り切るパパがいますが,
そこはじっとこらえてママの教えを受けながら実践していくことをお勧めします。

イクメンしてると思いきや気づいた時にはママに任せっぱなしなんてこともあるようですのでw

最初からなんでもやろうとせずあくまで子どものペースに合わせることが重要ですので
無理せず、だからといって最初からできないからやらないでもなく、
育児に参加してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 重曹歯磨きで子供も虫歯予防できる?注意すべき点とやり方は?

  2. 無口な子供を明るい子どもにしたい!誉めて伸ばす子育て

  3. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?

  4. 小学生の子どもの登校班でトラブル!毎日親の付き添いはあり?

  5. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ

  6. 小学生の女の子に習い事スポーツランキングベスト10!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る