閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

一歳児が夜中におっぱいを突然吐く原因!!対処法は?

virus_fukutsuu
子どもの急な嘔吐はびっくりしますね。

子どもは大人に比べはるかに嘔吐しやすいといえます。

胃腸の具合が少しでも悪い時や、
異物や傷んだものを食べたときにもどすのは、
異物を体から除去して体を守るために
必要な行為ともいえます。

なのでせっかく異物や菌を体外へ出そうとしているのに
薬飲んで、止めてしまうことはとても危険なことなのです。

また子どもは体調の変化をうまく表現できずに嘔吐が
体の変化を示す重要なサインのこともあります。

嘔吐下痢をしたとき、一番注意しなくてはいけないことは

脱水症状にならないようにすることです。

スポンサーリンク

●脱水症状はどんな症状?

頻回に嘔吐、下痢をすると子どもの顔色は青ざめて悪くなり
元気がなくなります。さらに嘔吐が起きるとぐったりとして
動こうとしなくなります。

おしっこがほとんどでない、
涙や汗がでてこない
口周りや頬が渇いてきた、
などの症状がでてきます。

こうなるまでに水分補給に気を配ることが大切です。

●水分補給の方法

PAK55_omizusosogu_TP_V
嘔吐した直後は水分を取るのは控えて、少し時間がたってから
落ち着てから水分を飲ませるようにします。
のどが渇いたからと、水分を一気にたくさん飲ませると胃がびっくりして
またもどしてしまうので注意します。
スプーンで一口ずつゆっくりと時間をかけて十分に飲ませましょう。

また、スプーンで飲んだとしても嘔吐してしまうこともあります。
そんな時は唇に水分をつけるようにするのも手です。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、母乳を続けてかまいませんが
母乳だと一気に飲んでしまいがちなので、ちょっとづつ
飲むように注意しましょう。

●塩分も忘れずに!

N825_morijio3_TP_V
嘔吐、下痢で塩分も失われていきます。
水やお茶に塩をまぜたものや梅干しの種をなめるなどするように
しましょう。

糖質の入ったジュースやスポーツドリンクではなく、
水やお茶を飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

●食事は?

images
比較的元気がいいと、戻したあともお腹が減って食事をほしがります。
しかしこのようなときは食事を食べるとすぐに戻してしまいます。
しばらくして様子を見て、食事をあげるのは水分をとってももどさなくなってから
にしましょう。

胃腸に負担をかけないように消化のよい重湯やおかゆをたべるように
しましょう。

消化に負担のおおきい繊維質なものや小麦粉は避けるようにしましょう。

●落ち着いて対応することが大切

illust1916
子どもは嘔吐下痢によって体力を奪われたりします。
嘔吐下痢をして元気そうであれば心配ありませんが
ぐったりしていたら心配ですよね。
子どもの様子をみて、家庭で様子をみてていいのか
病院へ連れていくべきなのか、落ち着いて対処していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 人見知りする子どもが泣く原因!接し方と対応策はどうする?

  2. 男の子はいつがいい?小学生の子供は何歳で親離れすべき?

  3. 赤ちゃんの運動機能の発達が遅れてる?知能との関係性は?

  4. 子どもの免疫力を上げる方法~体温を上げ、低体温から脱出~

  5. 無口な子供を明るい子どもにしたい!誉めて伸ばす子育て

  6. 新生児のくしゃみは寒いから?頻繁にする原因と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る