閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

努力の天才イチローの子供時代~父親が教える最善の子育て~

出身地 愛知県西春日井郡豊山町
生年月日 1973年10月22日
身長:約180.3 cm
体重:約77.1 kg
投球・打席:右投左打
ポジション:外野手
プロ入り 1991年 ドラフト4位
初出場 NPB / 1992年7月11日
MLB / 2001年4月2日

スポンサーリンク

多くを語らずともイチローという選手を知らない人はいないと思います。
世界的に有名な選手で子供たちの憧れの的。

一流の選手に育て上げた父親の教育法を著書「天才は親が作る」の解説を交えながら紹介します。

mlb14030411310011-p2

1.子どもとの約束は必ず守る

イチローが小学校2年生の頃「僕、野球がしたい」とハッキリ父親に訴えます。
この頃からイチローの野球人生がスタートします。

詳しく述べると3歳の時にビニールのグローブとバットを持たされた時から始まっていたのかもしれません。

イチローが毎日野球をやりたいという。相当意志が固いとみた父親は提案します・

「お父さんが相手してあげるけど毎日やれるか?」
「うん。」
「男の約束だよ」

この時父親はとんでもない約束をしてしまったと思ったそうです。

ですが父親が約束を破ったら子供は心に傷を負う。
幼ければ幼いほどその傷は深く残る。
イチローとの野球を優先させなければと思った。と語っています。

小さな会社の社長だったがイチローとの時間を優先させて
3時半には仕事を切り上げてイチローとの時間に使いました。

日本の多くの父親がイチローの父親と同じ状況に立たされたら、まずは仕事を優先するはずです。しかし、それは「大人側の論理」だと父親は語ります。

2.目線を合わせ夢を応援するのが親の務め

子供の本能に任せていると、時には明らかに違う方向に行きそうなときもあります。
そんな時は、子供に判断させるという形を取りながら、暗に軌道修正を図るようにしたそうです。

父親に知識があったわけでなく子どもの一挙手一投足を注意深く見続け、その瞬間瞬間に耳を傾けその時々に最良の判断をしてきた結果とも言っています。

「お父さんはこうしたほうがいいと思うけど、イチローはどうする?」と問いかけけてあくまで子供に判断させる形を取りながら、暗に軌道修正を図るというやり方です。

スポンサーリンク

3.子どもの前で謙虚な姿を見せる

イチローの父親は、他人との会話も徹底して気を付けたそうです。
買いもの先や、バッティングセンターなどでばったり知人に会うこともあります。

そんな時は、いつもイチローの視線を意識しながら、丁寧に、頭を低く、時には腹がたつような要件でもイチローがいつろ、怒りを抑えて相手を建てる丁寧な話し方に切り替えたそうです。そこには「言葉だけではなく、背中で子供を教育しなければならないときもある」という考え方があったそうです。

口で言って聞かせるときと父親は背中でみせることの両方を実践していたのでしょう。

子どもは聞いてわからなければ親の行動から学ぶこともあります。

3381121475_d21ddf90e4

4.どんな時も一緒に努力する

イチローと父親は誰から見ても「双子」のようにいつも一緒にいたそうです。
一緒にいるからと言ってなれ合うことはないそうです。

野球も見てきた父親は、帰ってからの勉強まで一緒に見てあげたそうです。
イチローが何かを要求したときにすぐに答えてやりたいという父親の気持ちがそうさせたそうです。

見守る・助ける・支えると常に子供に安心感を与えてやることは子供がのびのび成長するためには必要なことかもしれません。

一緒にいると言っても金網越しに息子に話しかけることは一度もなく目と目が合えばすべてがわかりあえる関係が気づけていたのでしょう。

親子の努力の結果が後に、メジャーリーガーとなり大活躍を収めることになったのです。

まとめ

ここまで記事をご覧いただいてわかるようにイチローと父親は多くの時間をともに過ごしているのがわかります。

「大人の論理」で子供の成長に制限をかけるのではなく、
あくまで子どもに合わせてあげることで
このような信頼関係が気づけたのでしょう。

日本の多くの親がここまで子どもとの時間を共有できるかと
言われると難しいこともあるかもしれません。

ですが子供の成長も待ってはくれませんので
まずは親自身が最良の判断が必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 0歳から始める♪赤ちゃんを天才に育てる賢い教育

  2. 【引っ込み思案な子ども】消極的な性格にさせない5つのポイント

  3. 子供の習い事はバレエ、ダンスはどっちがいい?費用の差はどれぐらい…

  4. 小学生の男の子に習い事スポーツランキングベスト10!

  5. 日本における子供のスポーツ英才教育メリット・デメリット!やらせ過…

  6. 天才たちの共通点‐親が実践する子育て6つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る