閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

子どもの免疫力を上げる方法~体温を上げ、低体温から脱出~


冬の寒い時期になると体調を崩しやすくなりますね。

よく体調を崩す子、全然体調を崩すことなく元気な子、

どんな違いがあるのでしょうか。

一番の違いは体温の差、低体温であるかどうか、ではないかと思います。

現代の子どもの低体温化、今の子どもは身体の機能の低下がみられます。

スポンサーリンク

●冷えは万病の元

昔から冷えは万病の元といわれています。

・頭痛
・腰痛
・肩こり
・不眠、イライラ
・便秘
・自律神経失調症
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー
・がん
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞

がんをはじめ、たくさんの病気を引き起こします。

下半身(子宮、卵巣、生殖器、膀胱)が冷えると婦人病、更年期障害になり

当然、妊娠もしにくくなります。

また、子宮や羊水が冷えると低体温やアレルギー体質の子どもが生まれやすいといわれています。

●低体温になる原因は?

s-natsu-image001
乱れた食生活、生活習慣にあります。

・季節外れの野菜や果物の摂取
・冷たいもの、甘いものの食べ過ぎ
・朝食抜きや過食
・運動不足
・ストレス
・冷暖房などで空気を加工している住環境

●37度台がよい!!

身体細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高く

ほとんど病気もせず、健康で活動的な状態を保つのが37度なのです。

また人間の腸内には白血球を元気にし、免疫力を向上させるビフィズス菌という乳酸菌が

あります。

体温がその菌の醗酵に必要な37度より低いと醗酵が促されず

有効に働かないとされています。

スポンサーリンク

●気を付けること

・冷暖房を使いすぎない、頭寒足熱が大切!!

 →夏はクーラーに頼りすぎず、窓をあけたり扇風機を使って風通しをよくしたりする。
 上半身に涼めるようにする。

 →冬は部屋全体をあたためるのでなく、必要な部分だけあたためるようにする。
 湯たんぽやこたつを使って下半身を温めるようにする。 

※冷暖房の効かせすぎは人間本来の体温調節機能を狂わせます。
 外の温度と部屋の温度差は5度以内がいいとしています。

・旬のものを食べる
 
→夏はキュウリやトマト、トウモロコシなど火照った体を冷やしてくれるものを食べてもよいでしょう。

→冬は大根、ニンジン、ゴボウなど土の中に生えるもの、葉物野菜ならネギや白菜がよいでしょう。
 これらは身体をあたためてくれます。
 南国産の果物(バナナなど)はもちろん体を冷やしてしまうので控えましょう。

・早寝早起きする

人には自律神経というものがあります。

昼間は交感神経が優位に、夜間は副交感神経が優位に働き、

スイッチのように切り替わって昼は活動的に動き、夜はぐっすり眠れるのです。

自律神経の乱れは低体温につながります。

人間本来の神経の活動をずらさないようにしていきましょう。

・厚着させすぎないようにする

子どものうちに厚着させすぎると体温調節機能が鍛えられなくなってしまいます。

腹巻やネックウォーマー、靴下はつけるようにしましょう。

・体を動かす

筋肉は体内最大の発熱機関です。

人間が作る熱の4割は筋肉運動によってうまれます。

下半身には全体の6割の筋肉があり、下半身運動はたくさんの熱を作り出します。

・ストレスはためない

ストレスは体温を調節する自律神経に影響します。
上手に付き合っていきましょう。

●まとめ

s-yukiasobi001
人間は便利さや快適さを求め、環境を変えてきてきましたが、

それがかえって自分自身を不健康にしてしまうことになってしまいました。

低体温にならないためには子どものうちが大切です。

子どもは本来、体温が高いのです。

大人の快適を求めることで子どもの機能を狂わせたくないですね。

冷暖房に頼りすぎず、旬なものを食べ、たくさん動いて、

体温をあげていき、免疫力をあげていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 子どもにはオーガニック石鹸をおすすめします!!~経皮毒から守るた…

  2. 鼻づまりに悩む夜~子どもの鼻づまりの原因と家庭でできる解消法~

  3. 一歳児が夜中におっぱいを突然吐く原因!!対処法は?

  4. 食育の基本とはなにか?指導士が子どもに教える食育生活の基本

  5. 子供の風邪やインフルエンザ予防には梅干しがきくってホント?

  6. 1歳児が夜中に嘔吐!!赤ちゃんの嘔吐と下痢の原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る