閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

子どもを抱っこするのが重い?抱っこで筋肉痛になったときの解消法

ダウンロード (13)
赤ちゃんが生まれると抱っこは必須ですよね。

寝ていれば抱っこしなくてもいいものの、
泣いていたり、授乳するときも抱っこはしますね。

特に抱っこに慣れていない新米ママは手首が痛くなったり、
腰痛、筋肉痛に悩まされたりすることもあるかと
思います。

赤ちゃんを抱っこするときのポイントや筋肉痛や腰痛の
予防法、解消法について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

●抱っこして筋肉痛や腰痛になる原因

LISA78_takaitakai20141018093006_TP_V
まずは抱っこに慣れていないということで、
余計な力が入ってしまったりすることがあります。
生まれたばかりの赤ちゃんは首も座っていなくて
余計な力がどうしても入ってしまいがちです。

また、寝ている赤ちゃんを抱きかかえようと前かがみになる機会が
増えます。抱っこするときは赤ちゃんの重さを腰全体で支えています。

首がすわらないまでは頭を手で支え、その重さが手首にかかってくるので手首を
痛めやすくなったりします。

そして赤ちゃんは成長して体重が増えていきます。
そして抱っこは2~3歳まで続きます。
早めに腰痛や筋肉痛など体の負担が少しでも軽くなるような
抱っこの方法や解消法を把握しておくといいと思います。

●腰痛、筋肉痛にならないための抱っこのポイント

akachan_dakko
抱っこするときのポイントは全身で赤ちゃんの重みを
受け止めるようにすることです。

1、肩の力をぬく、肩をおとす
肩をおとすことで肩や腕だけだなく体全身で
抱っこし、赤ちゃんを支えることができます。

2、腕全体を使う
抱っこしているとき、手首で支えようとせず、
腕全体で包み込むようなポジショニングすることが
大切です。

3、中腰にならない
寝ている赤ちゃんを抱きかかえようとしたり、
お世話するときに中腰になりがちです。
中腰は腰に大きな負担になります。
しゃがんだりするときは、上半身を床と
垂直にしたままで足をまげて腰を落とすようにしましょう。

4、猫背にならない
猫背の姿勢は腰に負担のかかる姿勢になります。
抱っこするときは背筋を伸ばすことを心がけましょう。
もちろん椅子に座っているときや抱っこひもを使っているときも
も気を付けましょう。

5、骨盤ベルトを締める
骨盤ベルトを使うのもいいと思います。
姿勢を保てたり、腰の負担も軽くする効果が
あります。

6、授乳するときはクッションを使う
授乳中はなかなか姿勢をかえたりすることができなかったり
しますね。クッションを使うことで腕だけで抱っこせずに
クッションに赤ちゃんを乗せることができ、負担を軽くすることが
できます。

スポンサーリンク

●腰痛、筋肉痛になった時の解消法

zcv
腰痛や筋肉痛になって湿布を貼りたくなりがちですが、
母乳育児をしているときは湿布はしないようにしましょう。
湿布に含まれる薬品が母乳を通じて赤ちゃんに影響を
及ぼす可能性があります。

湿布や痛み止めに頼らない解消法を紹介します。

1、ストレッチする
手首をそらして腕をのばしたり、
手首を後ろにまわして胸の筋肉が張るようにのばしたり
しましょう。
腕は外回し、内回ししたりしましょう。
腰に手を当てて回したりもいいかと思います。

2、お風呂に入る
湯舟に入ることで血行を良くして筋肉痛を緩和できます。
また、筋肉痛の腕などに冷たい水をかけて湯船につかってを繰り返すと
血行がさらによくなります。

3、しっかり睡眠をとる
筋肉痛の解消には栄養をとる食事と同じように
大切な睡眠をしっかりとることです。
夜中の授乳もあり、なかなか思うように寝ていられない
かもしれませんが、参考にしてくださいね。

夜10時から夜中の2時の間は、成長ホルモンが最も分泌
される時間帯です。この時間帯は新陳代謝を活発化させて
疲労を回復して筋肉を治癒してくれます。

4、マグネシウム、カルシウム、ビタミンB1をとるように心がける
マグネシウムは筋肉の緊張をほぐすのにひつようなミネラルです。
カルシウムは筋肉の中にできた乳酸を中和する作用があります。
ビタミンB1は乳酸の発生を防ぐ役割があります。

この3つを含む食品を摂るようにすると
筋肉痛も起こりにくくなったり、筋肉の痛みが和らぐのが
早くなったりします。

マグネシウムを含む食品
あおさ、ひじき、こんぶ、わかめ、納豆など

カルシウムを含む食品
干しエビ、しらす干し、煮干し、ごまなど

ビタミンB1を含む食品
豚肉、玄米、たらこ、昆布、きな粉、焼きのりなど

●まとめ

d11a5fb13f0fba8a36bafdcba32a1728_248_300
抱っこは赤ちゃんとお母さんをつなぐ
大切なコミュニケーションですね。
抱っこによる体の不具合は赤ちゃんにも
お母さんにもつらいものです。

予防策や解消法を知っていると
とっても楽ですね。

ちょっとでも体に負担を少なくしてたくさん
赤ちゃんを抱っこしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんがつかまり立ちの時につま先立ちだったり、つかまり立ち歩き…

  2. 子供に熱が出た!保育園はいつから登園しても大丈夫?

  3. 小学生の子どもの登校班でトラブル!毎日親の付き添いはあり?

  4. 子どもにえくぼがでてかわいい!!えくぼは遺伝なの?

  5. いつから始める?赤ちゃんのファーストシューズ~サイズ選びのポイン…

  6. 赤ちゃんの服サイズは大きめがいい?体重は気にするべき?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る