閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

子供の保育園はいつから預けるのがベスト?理想の入園時期とは

shutterstock_50842156-500x334
赤ちゃんが生まれると子どものこれからのことを
いろいろと考えていくことが多くなってくると思います。

子どもがある程度大きくなると保育園や幼稚園について
考えるようになると思います。

保育園に通わせたいけど、いつから通わせるのがよいのだろうか。
何歳から預けるのが理想なのだろうか。
3歳神話とかあるけどどうなんだろう。。。

いろんな意見を踏まえて書いていこうと思います。
参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク

●保育園は何歳から預けられる?

lgf01a201407100600
これは住んでいる自治体や通わせたい保育園によって違ってきます。
なので、各自治体や保育園で確認してみてください。

生後1か月から預けられたり、生後2か月、生後6か月など
様々です。

だいたいの保育園は生後数か月から小学校入学前までの期間に
預けられます。

●0歳1歳からの保育園

l201107280600
女性の社会進出が進んでいる昨今では
子どもを生後数ヶ月から保育園に預けているという家庭も多くあります。
育休が一年間と定められている会社も多く、
その場合は、子どもが1歳になったら保育園を
利用し始める必要が出てきます。

小さいうちから保育園に預けることに、
抵抗や罪悪感を感じてしまう人もいるでしょう。
もちろん、早いうちに保育園に通い始めることには、
親子の時間が減ってしまったり、病気をもらいやすくなったりというデメリットとなることも生じます。
働きながら、保育園の準備や送迎をすることで
ママたちの体力的にも大変になるかもしれません。

しかし、働く女性は、家庭にも社会にも大切な存在であり、大きな力になります。働きながら育児をすることに誇りを持ち、プロの保育士さんたちを信じて保育園を利用してみましょう。

●0歳1歳から保育園に通うことのメリット

ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V

☆生活リズムが整う

毎日同じ時間に登園したり、給食を食べたりすることで
早いうちから生活リズムが整ってきます。
また、トイレトレーニングやしつけも毎日の保育園生活の中で
保育士さんが手助けしてくれますので、
早く身に着けられる場合があります。

☆たくさんの友達といろんな遊びができる

毎日たくさんの友達と遊ぶことができるのは
まだ小さい子どもにとっても刺激になります。
また、家庭ではできないようないろんな遊びを
体験できます。
手遊びのような小さな遊びから全身を使うような遊びまで
プロの保育士さんが年齢に合わせてしてくれます。

保育園では同じ年の子たちだけでなく、
年上の子どもたちとの関わりも持てるので
他の子たちの行動をマネして、早いうちから
いろんなことができるようになることもあります。

スポンサーリンク

☆集団生活の中で社会性が身につく

家族以外の人たちと集団生活を通じて
社会性を身に着けることができます。
核家族の家庭が多い現代では、
日中は母子二人きりで過ごすという場合も多いです。
親子だけで過ごす時間も大切ですが、
早くからたくさんの人たちと関わりをもつことも
子どもたちにとってはいろいろなことを学び、
感情を豊かにするために重要なことなのです。

●3歳神話とは?

zcv
「子どもは3歳までの間は母親の元で育てましょう。
精神的身体的発達の著しい3歳までの間は母親の愛情の元で
育てましょう。」

といったものです。
3歳までに形成された脳の構造は終生変わることがないため、
その時期に親元でたっぷりと愛情と時間をかけて育てることが
後の発育に好影響をもたらすという理由があります。

●各家庭それぞれの考え方がある

use_shutterstock_174946688
0歳や1歳といった早いうちから利用するのも、
幼稚園と同じように3歳や4歳くらいから利用するのも
それぞれメリットがあります。

重要なのは、自分たちの決断に納得した状態で保育園に通わせること、
そして、何より親子で過ごせる時間を精一杯大切にすることです。
ママが前向きな気持ちで仕事を頑張りながら、
自分ともしっかり向き合ってくれる姿というのは、
小さい子どもにも伝わるものです。

ママも仕事で疲れてしまう時もあるでしょうが、
子どもと接する時は、惜しみない愛情を注いであげましょう。
親から愛されていると感じることができると、
子どもは、保育園という親元から離れた場所でも
安心して過ごすことができるのです。

3歳までの成長機関が非常に大切なのは確かです。
3歳までの成長期間に必要なのは愛なのです。

●まとめ

ダウンロード (13)
保育園に預けるのは、親の考え方や家庭環境など
によって決まってくると思います。
1歳からが良い、3歳からが良い、というような具体的な
年齢はありません。
保育園に預けようがあずけまいが、
子どもにとって、親にとってベストな選択をしていけばいいのです。

何よりも親は子どもにたくさんの愛情を注ぐことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 子どもに与えるテレビやスマホの影響~スマホ依存症は社会問題~

  2. 1歳児の赤ちゃんがおもちゃを投げる!いつまで?対処法を紹介

  3. 子どもが公園でトラブル !喧嘩や怪我をした時の対処法は?

  4. 食品添加物の危険性、子どもに与える影響とは?

  5. 赤ちゃんがうるさい環境で寝る!騒がしくても大丈夫?

  6. 重曹歯磨きで子供も虫歯予防できる?注意すべき点とやり方は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る