閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

新生児の服は洗濯機で洗っていい?水通しのやりかた

150809330849_TP_V
生まれてくる赤ちゃんに着させるために用意した衣類。
生まれてくる子を思いながらの衣類選びは楽しいですよね。

赤ちゃんの衣類は一度水通しをしたほうがよいです。

水通しってなかなか聞きなれない言葉ですが、
赤ちゃんの衣類を一度水で洗うことです。

水通しとはどんな効果があるのか
どんな風にすればよいのかなどの方法などを
書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

●水通しの効果

水通しの効果としては、

ホルマリンの除去
生地をやわらかくし、汗の吸収をしやすくする
着せやすくする

ことです。

ホルマリンとは、ホルムアルデヒドが水に溶けたものです。
ホルムアルデヒドとは毒性もあり、人体に有害です。
ホルマリンは防虫効果があるとしています。
大人用の衣類や保管されている場所についているホルマリンから守るために
赤ちゃんの衣類は袋に入っていることが多いのです。

ホルマリンはデリケートな赤ちゃんの肌には刺激があります。

ホルマリンは水に溶ける性質を持っているため、
もし赤ちゃんの衣類にホルマリンがついてしまっても
水通しをすることによって除去することができます。

新しい衣類はのりづけされていたり固くなっていたりします。
水にさらすことで、衣類はやわらかくなり、汗を吸収しやすくなります。

●いつ頃する?

YOU_DSC_0834_TP_V
臨月に入ってから水通しする人が多いです。
ただ、早産の可能性も考えたり、臨月だと
お腹が大きくて洗濯も一苦労になることもあるので
妊娠8か月ころにする人もいます。

●水通しは洗濯機?手洗い?

形崩れ防止のため、手洗いがおすすめです。
洗面器やバケツに水やぬるま湯を張って、衣類をいれます。
優しく手押しするように水にさらし、その後絞って干します。

しかし洗濯機でも大丈夫です。手洗いコースや弱洗いコースがあれば
それでいいと思います。

スポンサーリンク

●洗剤はつかう?

基本的には水のみで洗います。
洗剤は使う必要はありませんが、つかっても大丈夫です。

その場合は界面活性剤や蛍光剤、柔軟剤、香料などが入っていない
洗濯用石けんを使うようにしましょう。

●干すとき

ppp_haretahinokumototaiyou_TP_V
よく晴れた日に行うのがよいでしょう。
お日様に当てることですぐに乾きますし、除菌にもなります。

部屋干しや夜干しは雑菌が繁殖することがあるので注意しましょう。

●保管方法

水通しが終わってたたんだ赤ちゃん服は、
湿気の少ない場所に置いてあるタンスや収納ケース
にしまいましょう。
湿気が気になるときは除湿剤も一緒にいれましょう。
 防虫剤は香りが強かったりするので使わなように
します。

●まとめ

Lisa88_sentakubasami20141018094617_TP_V
水通しはそんなに神経質にならなくても大丈夫です。

生まれてくる赤ちゃんを想像しながら洗濯するのも
楽しいひと時ななるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 幼児期に英語教育は効果アリ?メリットと弊害が起きる可能性

  2. 子どもが運動すると咳き込む。喘息の注意点は?

  3. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?

  4. 1歳児の散歩時間の目安について、毎日散歩にいっても大丈夫?

  5. 赤ちゃんの歯の先端や一部分が白い!これって虫歯なの?

  6. 赤ちゃんの歯の生え方が変?一本だけor斜めでも大丈夫?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る