閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

日本における子供のスポーツ英才教育メリット・デメリット!やらせ過ぎに注意

ヒーロー

昔では考えられないほどの日本人が海外で活躍する姿が注目されています。

外人に比べて身体能力に劣る日本人。

以前なら体格などで不利にならないスポーツが
日本人の唯一活躍できる場となっていました。

ここ最近ではそういう体格の不利有利関係なく日本人の活躍の場が少しずつではありますが広がっていることはおわかりいただけるかと思います。

どうやって世界のフィールドで活躍できるプロスポーツ選手が育ったのか。

ハッキリ言って世界で活躍できる日本人は競技人口の1%に満たないでしょう。

その可能性と英才教育についてお話していきます。

スポンサーリンク

☆資金力がなくても英才教育はできる

元々教育に興味のある親であればどんなジャンルにせよ、
子どもの為にできることはやってあげたいと思っていることと思います。

「英才教育をさせるなんてお金がないから厳しい。」

たしかに英才教育というだけあってなんだかお金がかかりそうですね。

有名な先生がいるところに通わせたり、超名門の学校で部活動としてやらせたり。

だいたいそういうところは遠征やその他出費が多いことは事実です。

家計も厳しいのにそんなにお金をかけられない。
今から転職しても給料は増えるとは言い難い。

正直申し上げますと資金力がなくてもプロスポーツ選手は育ちます!

☆お金がなければ時間を使え!

お金がないからと言うのを理由にあきらめてしまうのは子供の可能性を摘み取っているのと同じことです。

今すぐお金をかけられないのであれば親が子供との時間を作ることで十分カバーできます。

大リーグで活躍するイチローの親はイチローのために就業時間をかえたり、
取引先を変えたりして時間を作っていたそうです。

塾に通わせるお金が用意できないのであれば自分がそのスポーツを研究し、
子どものコーチとして多くの時間を割いてあげることが必要になります。

たとえ自分が運動が苦手でもそのスポーツについて研究し、教えることはできるはずです。

幼少期の子供のスポーツレベルであればいくら運動神経が悪い親でも、
一緒に行うことはできるはずです。

その頃から子どもには自分で考える能力を身に着けさせることで中学に入って部活動を始めた時でもすでに他の子より優れた能力を持っていることでしょう。

スポンサーリンク

☆本格的にスポーツをさせるのは10歳からでいい?

英才教育というだけでより早くそのスポーツを極めさせることを考える人がいますがこれはNGです!

幼児期は遊びの時間を多く取り入れるだけで十分です。

親が一緒になって遊んであげることが一番の英才教育なのです。

海外で行われた研究結果で、ひとつのことに特化せずに様々なことをやることで
将来スポーツに限らず社会性や感情面でもうまくやっていけるようになります。

もちろんスポーツをやるうえで大事なことでもあるので色々なことにチャレンジしてみましょう。
PED_retuninarabukodomotachi_TP_V

☆燃え尽き症候群に注意せよ

幼少期から真剣に取り組みすぎるとそのスポーツを極める前に燃え尽き症候群になる可能性があります。

個人的な感想としては中学校の部活を頑張り過ぎた結果、高校では続けないケースがよく見られます。

熱心に教えるのは悪いことではないのですがやり過ぎてしまうと可能性を摘んでしまうことになりかねません。

モチベーションの問題もそうですがケガなどもあり得ることですのでリスクマネジメントを考えたうえで子供に接してあげることが必要です。

いくつになっても遊びの要素を取り入れてスポーツをするとが大事だと考えられます。

☆本気でプロスポーツ選手目指すなら

1.親が時間を作って遊んであげること
2.焦らず色々なスポーツをして遊ばせる
3.遊びのなかで自分で考える能力を身に着ける

英才教育とは基礎が何より大切です。

スポーツを極めるというよりは遊びの天才を育てる感覚で実践してみてください。

きっと楽しい英才教育になるはずです!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 1歳から始められる人気の習い事ランキングベスト3!

  2. 【引っ込み思案な子ども】消極的な性格にさせない5つのポイント

  3. 習い事を子供がやりたがらない!やる気がない原因と対処法

  4. 0歳から始める♪赤ちゃんを天才に育てる賢い教育

  5. 子供の性格は親の言動で決まる!相手を尊重し、時には叱る育て方

  6. 小学生の男の子に習い事スポーツランキングベスト10!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る