閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

無口な子供を明るい子どもにしたい!誉めて伸ばす子育て

201406201234587a3

子どもは誉められると、自分は認められているんだと感じます。

誉められることにより自信を持ち、心の安定を保つことができます。

逆に叱られてばかりだったり、誉めることをしなかったりすると、

子どもは守られていないと感じ「安全確保」に走らざるを得なくなり

防御と反撃を考えるようになってしまいます。

自分自身を見つめる時間がなくなってしまい伸び伸び育っていくことは不可能になってしまいます。

そこで毎日怒ってしまう人は以下の4つのポイントに注意してみましょう。

スポンサーリンク

1.自分を誉めてくれる親を見て育つと自然と友達の良いところを探すようになる

子どもは親に褒められた分だけ人に好かれる子になります。

子どもは褒められたことを良いことをしたんだと認識し、

友達にまたその時以上に良いことをしてあげられるようになります。

友達みんなで遊んでいるときに仲間にいれて遊んでくれている子どもがいます。

その子の耳元で「お友達を仲間にいれて偉いわね」などと誉めてあげると微笑みながら友達の元へ走っていきます。

このようにちょっとした行いを誉めてあげることで、子どもは、ちゃんと見ていてくれてると思いますし、認められたのだとうれしく感じます。

2.伸ばしたいところを誉める

親が子供を愛するのは、その子がかけがえのない子だからです。
その子供がなにを持っているかでその価値が決まるわけではありません。

子どもは、親が自分自身をありのままに愛してくれる姿から大切な価値観を学びます。

いくら富を得ても傲慢な人には誰もなりたいとは思いません。

お金があるからと言ってすべてが手に入ると宣伝しているかのような広告やコマーシャルに踊らされたくはありません。

子どもに本当に必要なものはなにか、また、その価値をわからせるためにはどうすればよいのかを考える必要があります。

日常生活のちょっとした場面で、子どもに大切な価値観を教えるチャンスはたくさんあります。

親が子どもに、こういう風に育ってほしいかというところを意識して誉めてあげれば
より長所を伸ばす
ことができるでしょう。

スポンサーリンク

3.うわべで誉めずに本心で誉める

子どもは親の誉め方が本心なのかうわべだけなのかを見極めています。

大事なのは親の気持ちではなく、子ども自身の気持ちではないでしょうか?

うまくゆかず、子どもは落ち込んでしまうときもあります。

時には上手な嘘をつくことも必要かもしれません。
それは偽りではなく相手の気持ちを思ってつく嘘でなければなりません。

なにごとも相手の気持ちを最優先に考えているかが大事になります。

一番良い方法は、親自身が手本になり、正直であることと、相手を思いやる気持ちにおいて常に本心であることです。

この2つのバランスがとれていると、とても良い人間関係が築いていけます。

d11a5fb13f0fba8a36bafdcba32a1728_248_300

4.誉めるだけではなくスキンシップをとる

子どもは親にもっとかまってもらいたくなると親の気を引こうとします。

そんな時には誉めるだけではなくスキンシップを取るように心がけます。

手をつないだり、抱きしめてもらったりしないと落ち着かない子もいれば、そうでない子もいます。

その子がどんなタイプなのかを見極めて接し方を変えなくてはなりません。

言葉だけでは物足りない子には十分なスキンシップをしてあげましょう。

行動に移すことからコツコツと

人に褒められたときは素直に感謝し、喜べる人に育ってほしいと思います。

まずは4つのポイントを意識することが大切です。

まずは親が実践していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんの運動機能の発達が遅れてる?知能との関係性は?

  2. 子供がテレビを見たがる!距離が近い時の対策について

  3. 子どもの短所は長所になる!言葉の力で弱点を改善!

  4. 新生児のオムツ交換のタイミングはいつ?足をバタつかせて嫌がる、暴…

  5. 小学校の入学祝いで男の子が喜ぶプレゼントランキング10選

  6. かよこおばあちゃんの本から学ぶ子育て術!新生児を天才に育てる方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る