閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

無添加化粧品、自然派化粧品、オーガニックコスメ、キッズコスメの安全性は?

ダウンロード (11)
化粧品はもともと、皮脂を補うものとして使われてきました。

皮脂の少ない女性やお年寄りのためにその代用品として使われてきたのです。

現在の化粧品は昔のものとはずいぶん違っていると思います。

様々な化粧品が製造されていますが、そのほとんどが化学物質であり、

最近では子どもをターゲットにしたキッズコスメも出ています。

成長中の子どもは大人より経皮毒の影響を受けてしまいます。

スポンサーリンク

●崩れない化粧品

汗にも強く崩れにくい化粧品はとても便利です。

しかしそれだけ肌に大きな負担をかけているのです。

化粧が崩れない理由は「合成ポリマー」という化学物質を使っているからです。

これはビニールやラップにも使われている化学物質で、

化粧の上から薄い膜を張って崩れにくくしているのです。

崩れない化粧品を使うことは顔にビニールを貼り付けているような状態です。

当然、皮膚呼吸はできませんし、落とすには通常より強力なクレンジングが必要なので

肌にとっては二重の負担になっています。

●無添加化粧品、自然派化粧品、オーガニックコスメは安全?

無添加の基準はメーカーによって曖昧で、防腐剤や香料が入っていないだけで

他の化学物質は使われていることが多くあります。

そして天然成分が1パーセントでも入っていれば「肌にやさしい自然化粧品」と謳うことが

できてしまうのです。

含まれている成分は多い順は成分表に記されているので確認してみてください。

「薬用化粧品」も似たようなものです。

「薬用」とつくといかにも身体に良さそうですが、

どんな成分が含まれているのか消費者がすべて把握することはできません。

スポンサーリンク

●界面活性剤

界面活性剤は「乳化」と「洗浄」のために使われています。

「乳化」とは化粧品に使われている油性成分と水性成分を混ぜ合わせることです。

「洗浄」は汚れや化粧を落とすことです。

天然の界面活性剤もありますが、乳化力が合成よりも劣り、

混ぜあわせた成分が分離したり化粧を十分に落とせなかったりします。

合成界面活性剤の問題は皮膚のバリア機能を壊してしまうことです。

人間の皮膚は身体を守る頑丈な城壁ともいえます。

わずか数ミリしかありませんが、毒物であれ、ウイルスであれ、

あらゆる外界からの影響を完全にシャットダウンします。

しかし合成界面活性剤はその強力な乳化力で皮膚を取りさって皮膚バリアを破り

化粧品に含まれる化学物質を経皮吸収させてしまいます。

経皮吸収された化学物質はそのほとんどが体外に排出されず

どんどん蓄積されてしまいます。

●キッズコスメは危ない!!

ある子ども向けのリップグロスの成分表には、発がん性が疑われ

食品添加物としては認められない赤201や赤202などの「タール色素」

が記されていたとのこともあります。

これは経皮吸収だけでなく、経口吸収までもが懸念されています。

子どもの肌が柔らかくてぷにぷにしているのは

皮膚の角質層が薄く、十分に成長していないからです。

肌につける化粧品は毒性があろうとなかろうと異物です。

デリケートな肌の子どもが頻繁に化粧するのはよくありません。

化粧品を使い始める年齢が低ければ低いほど肌の老化は早いと考えてもいいです。

●化粧品の選び方

ダウンロード (12)
有名女優やモデルが出演するテレビのコマーシャルで流れている化粧品には

女優やモデルの出演料、撮影料など莫大な広告宣伝費が上乗せされています。

このような化粧品は原価はたいへん安いのです。

なので逆手にとってこのような化粧品は選ばないようにしましょう。

天然成分の化粧品は探せば必ずあります。

しっかりと成分表をみて、確認してから選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. いつから始める?赤ちゃんのファーストシューズ~サイズ選びのポイン…

  2. 赤ちゃんの歯の生え方が変?一本だけor斜めでも大丈夫?

  3. 赤ちゃんのくせ毛(天パ)はいつから?直し方と遺伝の可能性について…

  4. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?

  5. 子ども歯の生え方!噛み合わせが逆になる!?よく噛むことは成長・発…

  6. アパートで子供が走り回る音が気になる。家庭でできる騒音対策とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る