閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

紙おむつの危険性ってなに?布おむつにはメリットがたくさん!!

150809360948_TP_V
赤ちゃんにはオムツが必須アイテムですね。

オムツには紙オムツと布オムツがあります。

それぞれメリット、デメリットがあります。

最近は紙オムツの危険性を考えて布オムツを使っている

お母さんも増えているとかも聞いたことがあります。

紙オムツの危険性とはなんでしょうか。

スポンサーリンク

●紙オムツの構造

皮膚に直接あたる表面材、おしっこを吸収する吸収体、漏れを防ぐ防衛材から成り立っています。

表面材には漂白した不織布、穴の開いたフィルム、

吸収体には漂白した綿状パルプ、吸収ポリマー、

防衛材には漂白した不織布、フィルム、

が使われ、そのほかにデオドラント剤や香料が使われていることもあります。

●ダイオキシンがでている!?

塩素漂白などの過程でダイオキシンが発生している可能性が指摘されています。

吸収ポリマーも石油から作られている化学物質です。

生殖器は特に経皮吸収率の高い部位なのです。

腕の内側を基準にした場合の経皮吸収比較として、

生殖器は42倍にもなります!!

まだ皮膚の防壁ができていない赤ちゃんは大人の何倍も経皮毒の影響を受けてしまいます。

女の子の場合、将来、子宮内膜症や不妊症などの生殖器の病気にかかる可能性もでできます。

怖いのはすぐに病気の症状が出てこないということです。

●布おむつのメリット

150705260810_TP_V
1、肌にやさしい
布オムツは綿のものが多いです。化学物質の入っていないので肌にも身体にもやさしいです。

もちろん洗うときは合成洗剤でなく、自然素材の石けんで洗うようにしましょう。

2.おしっこのリズムをつかめる
 おしっこがでているかどうか、もしくはうんちなのか指をオムツの隙間から入れて濡れていることがすぐわかります。

 また濡れていたりすると赤ちゃんが泣いたりなにかサインを発してくれます。

 紙オムツだと吸収ポリマーが入っていることで、

 いつ、どれくらい、回数など把握しにくくなります。

 赤ちゃんも自分自身がおしっこしたこともわからなくなってしまいます。

 寝起きにでる、などリズムをつかめることができると

 トイレトレーニングもスムーズにできることになります。

スポンサーリンク

3、経済的
 紙オムツだと少ししかででいないともうちょっと我慢してもらおうと思ってしまうことも。

 しかし布オムツだと1枚も2枚も洗うのは一緒なのでちょっとでもでていたら交換しようとなります。

4.コミュニケーションが増える
 布オムツは頻回に交換したりします。
  
 そのたびにおしっこ、うんちの観察もできます。
  
 量、匂い、色など日常的に赤ちゃんの健康管理ができてしまいます。

 また、洗ったりするのが大変なので早いうちからトイレやおまるで

 おしっこ、うんちをしてもらいたくなります。

 そうなるとおしっこ、うんちするときの子どものサインをつかむことが

 できてきます。

 そんなサインを見つけてトイレに誘導したり、コミュニケーションが広がります。

●紙オムツは緊急時に使うように

LISA75_pants20141018100858_TP_Vかといって、旅行に行くとか長時間出かける際に布オムツを持参すると

荷物の多くなりますし、洗濯することができない状況のときは紙オムツを使うなど

うまく使いわけることがいいと思います。

布オムツは慣れるまで最初は大変かと思いますが、慣れてしまえば

子どもとのコミュニケーションが楽しくなってくることも。

子どもの将来のことも考えてぜひ布オムツを使ってみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんが母乳を飲まないのは病気?泣く、寝る、嫌がる原因とは?

  2. 赤ちゃんがうるさい環境で寝る!騒がしくても大丈夫?

  3. 成長が早い赤ちゃんと遅い赤ちゃんは運動神経に差がでるの?

  4. 赤ちゃんの運動機能の発達が遅れてる?知能との関係性は?

  5. 0歳児にできる室内遊びは?雨の日の過ごし方!

  6. 子供の性格は親の言動で決まる!相手を尊重し、時には叱る育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る