閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

習い事を子供がやりたがらない!やる気がない原因と対処法

PPS_hirobanooyako_TP_V

現代社会において小学生にあがると本格化する習い事ですが、

子どもの可能性を引き出してやりたいという親心から
習い事をしてもらいたいと思うようです。

習い事を子供に進めるとあまりノリ気じゃない。。。

もし習い事を始めてみてもやる気がなければ長続きしないし
やらされている感情があると成長はしないと思います。

こんなときはどうしたらいいのでしょうか?

我が子にはいろいろなことに挑戦してもらいたいですよね。

やりたがらない原因とやる気を起こさせる方法を考えてみましたので
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

☆なんで習い事に興味がないの?☆

習い事に行きたくない理由と言うのは人それぞれ違います。

大人にもやりたい、やりたくないの理由があるように
子供にももちろんそういう感情はあります。

始める前の意見として

●先に友達が習っていて今更始めても追いつけない

●そもそも興味がない

●習い事始めたら遊べなくなる

習い事を始めてから辞めたくなる理由

●友達と遊ぶ時間が無くなる

●自分がやりたくて始めたものではない

●楽しくない

●他の事をやりたい

実に子どもらしい意見も出ています。

たしかにごもっともかもしれません。

決して押し付けでやらせるものではありませんので親がよく観察しましょう。

JUN151004293723_TP_V

☆そもそも習い事をさせる理由ってなに?☆

みなさんよく考えてみてください。

習い事を始めた子供の親御さんももう一度考えてください。

本当にその習い事って必要ですか?

ただなんとなく始めるよりその習い事に対して、
やる意味を持たせてあげなければいけないのです。

とりあえずやるというのは親が子供に教えるいけないことの一つです!!!

とりあえずならやらなくていいです。

しっかりその習い事をやる意味を持たせてあげましょう。

例をあげてみます。

子どもにはサッカーで海外のリーグで活躍したいという夢があります。

もちろんそのような子はサッカーの習い事をやっているはずです。

本人はサッカー以外興味がなく他の習い事をやる気は全くありませんでした。

ですが、海外リーグに挑戦したいのであれば英語をマスターしておけば
いざ海外で出た時にコミュニケーションを取れる英語は習得しておいていいですよね!

海外で活躍したいのであれば英語の習い事も頑張れるようになります。

決して強制するのではなく本人の夢を叶えてあげられるように
サポートすることが重要です。

このような形でちょっと気が重い習い事でも意味づけをしてあげることにより
より良い習い事になるはずです。

スポンサーリンク

☆習い事はを子供の感情任せにしないこと☆

習い事をさせたい親の意見は様々です。

その子の可能性を広げてあげたい!

または得意分野を習い事でもっと伸ばしてあげたい!

どちらも正しいですよね!

習い事を習わせる前に子どもに確認しておくことがあります。

子どもは一時の感情でやりたいやりたくないと言ってしまいます。

友達がやっているからやりたく始めてみたら
自分には不向きだと言い出しすぐにやめたがったりします。

どんな子でもこういうことはあるのでしょうがありません。

親の敷いたレールを歩ませるのが正しくはないです。

子供ですからもちろん間違ったことも言います。

そこは親がしっかり見てあげて習い事を決めましょう!

141115561576_TP_V1

☆習い事をやらせる上で親がやってはいけないこと☆

習い事を始めたら親にも我慢が必要です!

決して子供の習い事に口出しをしないことです。

親がいちいち口だしするのは子供のやる気をなくさせてしまいます。

本人は一生懸命やっていてもちろんうまくできないこともありますが、
親は先生にお任せしたので言いたいことがあってもグッと我慢です。

子どもは親に認められたい、褒められたいと思っているのです。

☆まとめ☆

いかがでしたでしょうか?

子どもの習い事のやる気をアップさせるには
習い事をやる意味をよく理解させてあげること。

習い始めたら褒めるケアが必要です。

必ずしも習い事をさせなきゃいけないということではないので、
子どもと話し合って必要ないのであればやらないのもアリですよ!

本人の気持ちを最優先して時期を見計らいながら選択肢を与えてあげましょうね♪

スポンサーリンク

関連記事

  1. 小学生の男の子に習い事スポーツランキングベスト10!

  2. 1歳から始められる人気の習い事ランキングベスト3!

  3. 努力の天才イチローの子供時代~父親が教える最善の子育て~

  4. 0歳から始める♪赤ちゃんを天才に育てる賢い教育

  5. 天才たちの共通点‐親が実践する子育て6つのポイント

  6. 【引っ込み思案な子ども】消極的な性格にさせない5つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る