閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

臆病な子供の原因は親にあった~克服するための5つのポイント~

ダウンロード

子どもは常に新しいことにチャレンジをしています。
自分では気付いていなくても心のどこかで恐怖を感じているものです。

チャレンジを恐怖としてでなく、楽しめたのは親が守ってくれているという安心感、
帰る場所があるという安心感があったからこそです。

本物の恐怖とは親から受ける暴力、虐待、病、
いじめなどは子供にとっては恐ろしい体験です。

毎日恐怖を感じていたら、子どもはおどおどし、不安な気持ちになります。
安心できる環境が整っていなければ、子どもの健全な成長は望めません。

人付き合いもうまくできなくなり、消極的な正確に育ってしまいます。

スポンサーリンク

1.子どもの恐怖はどこからくるの?

どうしてそんなに怖がるの?大人は子供の気持ちを理解できないことがあります。
大人にとってはなんでもないことですが、子供にとっての恐怖とはどういうものなのでしょうか。

こんなことを聞いたことがあります。

ある日の夏、親戚の子供たちが集まり花火をすることになりました。
ですがひとりだけ遠くから花火を見ていて近寄ってこない子供がいます。

「一緒に花火しようよ」と誘いますが頑なに拒否し、挙句の果てには逃げて家の中に入って行ってしまいました。

大人は「そんな恐がることないのに」「弱虫だな~」などとあしらっています。

その子の親に事情を聞くと
「過去に地震での被災を経験し、家が燃えてなくなるのを間近で見たことで炎に敏感になり近寄らなくなってしまった」と話すのです。

この子は過去の体験から火はすべてを奪ってしまう恐い存在だと頭のなかにインプットされてしまっています。

そこで親の何気ない一言で子供の恐怖は加速し、臆病になってしまいます。

そんなときは子供に寄り添うことです。

「どうしたの?大丈夫だよ。お父さんと一緒に花火やろうね。そうすれば怖くないだろう」

子どもと向き合いスキンシップを取ることで気持ちは落ち着き、不安も和らぎます。
親は子供にとって頼もしい存在です。

スポンサーリンク

2.子離れできない親。心配しすぎに要注意

親の心配症は知らないうちに子どもに伝染しています。

親がどうしようと困り顔を過ごしていると後ろにいる子供もなにか心配そうな顔をしていることが多いです。

逆に何があっても大丈夫!心配はいらないと胸を張っている親の子供は心配の種はなく遊び回っていることが多いです。

私たち親が子供の自主性を伸ばしてあげて、なおかつ危険にさらされることがないように気を配っている必要があります。

現代社会においてモラルの低下から生じる痛々しいニュースを目にすることがあるうえ、
都会では近隣住民との付き合いもないような状況です。

隣の人の正体がわからないような状況で子供に自由を許し過ぎるもの不安ですよね。

そんな時に気を付けたいことは子供がとろうとする行動が時期相応なのかどうなのかということです。

3歳の子どもにお買い物に行ってきてと頼む親はいません。
ですが小学校にあがればどうでしょう?

少しくらいの買いものでしたら任せることが可能ではないでしょうか?

何事にもやらせていいタイミングがあります。
子どもの成長は人それぞれ違いますので他の子と比べるのではなく
親が目を配りタイミングよく背中を送り出すことです。

子どもがひとりでもできるのに大丈夫?一人でいけるの?などと言って子供のやる気をなくしてしまう言葉にも注意しておきましょう。

親の心配のしすぎがマイナスになることもあります。それを忘れないで背中を押してあげてください。
images

3.子どもの話に正面から向き合ってあげる

わたしたち親は、子どもの生活すべてを把握しているわけではありません。

子ども心にも日々悩みが生まれています。
学校でのいじめ・喧嘩はもちろんですが家庭内での些細な行動も親は見過ごしているかもしれません。

親は時間を割いて子どもの話を聞くように心がけたいものです。

ポイントとしては子供が答えやすいように明確な質問を投げかけることです。

親「今日の幼稚園はどんなことがあったの?」(「どうだったの?」より明確)

子「僕が遊んでいたのに友達におもちゃをとられちゃったんだ」

親「そう。それでどうしたの?」

子「・・・」

親「そう、そんなことがあったのね。ぢゃあどうすればよかったのかな?」

ここで親は
「そう、嫌な思いをしたんだね。けど友達だって使いたいのだから貸してあげなきゃだめよ。」なんて返してはNGです!

子どもはやはり自分が間違ってたの?お母さんは守ってくれないんだと思ってしまいます。

親が答えを出すのではなく子どもに考えさせる時間を与えてあげます。

子「明日は僕がおもちゃでいっぱい遊ぶんだ!」

その答えが正解か不正解かではなく子どもなりに考えてだした答えを尊重してあげることが必要です。

その答えが明らかに違うなと思った場合は、まずは、子どものだした答えを尊重してあげてから親の意見を述べるべきです。

親「そうね。おもちゃでいっぱい遊べたらいいわね。けど、もし、どうしても他の子もそのおもちゃで遊びたいと思っていたら少しだけ貸してあげてね。自分も借りたいときに貸してもらえなかったら嫌だもんね。」

という具合に話すことをお勧めします。

まとめ

子どもは親の姿を見て学ぼうとします。
子どもに考えさせて自立させたいのであればまずは親が考えなければなりません。

子どもに押し付けるような育て方ではなく、一緒になって考える子育てをしていきましょう。

そうすれば自然と子どもも自分に自信がもてるようになるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 子供に熱が出た!保育園はいつから登園しても大丈夫?

  2. 1歳児の夜泣きはいつまで?授乳しないと泣くから断乳できない。

  3. 子供の性格は親の言動で決まる!相手を尊重し、時には叱る育て方

  4. 赤ちゃんの服サイズは大きめがいい?体重は気にするべき?

  5. 1歳半の子供が歩かないし話さない!原因と発達障害の可能性は?

  6. 1歳の子供がインフルエンザになった!タミフル薬は飲まない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る