閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

赤ちゃんが寝ているときに指しゃぶりが激しい!!指しゃぶりしない子との違いは?

11038005628
赤ちゃんは成長するにつれていろんな仕草をするように
なりますね。
そんな仕草に指しゃぶりがあります。
かわいらしい仕草にもみられる指しゃぶり。

赤ちゃんは生まれる前からお母さんのお腹に中で
指しゃぶりをしています。
ただ指しゃぶりを頻繁にするようになると
心配になりますよね。

指しゃぶりについて理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

●指しゃぶりはなぜするの?

150714130788_TP_V
赤ちゃんは生まれながらにして「吸啜(きゅうせつ)反射」
という本能があります。

吸啜反射というのは、原始反射の一つです。
口に入ってきたもの(お母さんの乳首など)
を強く吸う反射です。
赤ちゃんが母乳やミルクを飲むために
必要な本能で、口の周りに触れたものに無意識に
何でも吸いつく様子のことをいいます。

●指しゃぶりはいつからするの?

生後2~3か月くらいにし始める赤ちゃんが多いようです。
この時期は口に触れたものはなんでも吸い付こうとします。

この時期に偶然口に触れた手や指に吸い付こうとし、指しゃぶりが
始まります。
まだこのときは、指という認識はしていません。
ただ触れた物に吸い付こうとしているだけです。
そのうちだんだんと指や手の認識がついてくるように
なり、指しゃぶりが定着するようになります。

●指しゃぶりは発達段階で自然なこと

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときから
指しゃぶりをしています。
乳児期にはなんでも口にいれようとします。
これは目と手を運動させるための発達段階として
周りにあるものを自分から学んでいくごく自然なことなのです。

スポンサーリンク

●指しゃぶりするときってどんなとき?

baby_yubi_syaburi
赤ちゃんの指しゃぶりは吸啜反射から始まりますが
次第に特定のときだけ指しゃぶりをするようになります。

1、眠いとき、寝ているとき
眠い時の指しゃぶりは多いです。
眠気を感じてくると指しゃぶりするのは、
赤ちゃんは眠くなっても寝方を知らないので
すぐに寝ることはできません。
そんなときお母さんのおっぱいがほしくなるのです。
指しゃぶりは添い乳してほしかったり、眠気がまして
きたサインでもあります。

2、お腹がすいているとき
お腹がすいて、お母さんのおっぱいがほしいときに自然と
指をくわえることがあります。
授乳の準備をしているのでしょう。

3、不安なとき
赤ちゃんは毎日、いろんな新しいものと出会っています。
景色、人、空気、おもちゃなど、赤ちゃんにとっては
刺激があるものなのです。

近くにお母さんがいなくて不安なときも指しゃぶりをすることも
あります。指しゃぶりすることで気持ちを落ち着かせているのですね。

4、歯が生えてきたとき
歯が生えてくる時期は歯茎がむずむずするそうです。
指しゃぶりをして歯のむずむずを解消しようとしているのかも
しれませんね。

指をかんだりおもちゃを噛んだりすることがあるので
歯固めを与えてやると落ち着いてくるでしょう。

●指しゃぶりをしている問題点

PAK86_yubiwokuwaeruakacyan20130320-thumb-autox1000-16786
1歳を過ぎると指しゃぶりはだんだんと減ってきます。
それでも、眠い時など指しゃぶりすることがあります。

3歳ころになると、集団生活の中で子ども同士で遊ぶことが
どんどん増えてくるので、自然に指しゃぶりしなくなりますが、
中にはどうしてもやめられない子がいます。

指しゃぶりがやめられないと、歯並びや噛み合わせに影響がでてきます。
歯並びや噛み合わせが悪くなると言葉の発音がうまくできなかったり
口呼吸になってしまったりします。

また衛生的にも、濡れたままの指だと周囲のホコリやごみが指に
くっつきやすくなったりします。

他にも爪が伸びていると口の中や舌を傷つけてしまう可能性が
あるので注意しましょう。

●やめさせるには?

やめさせるときのポイントとしては、怒ったり叱ったりしない事です。
指しゃぶりは赤ちゃんンが不安をなくし、落ち着かせる方法なので、
怒られるとストレスになって余計指しゃぶりしてしまうことに
なりえます。

1、たくさん遊ぶ
退屈なときに指しゃぶりをしてしまうこともあります。
両手を使う遊びや両手を握って手遊びをするようにしてみましょう。
外遊びや運動をたっぷりさせましょう。

2、寝るときは手をつないで
眠くなると指しゃぶりする子はよくいますね。
寝るときにはお母さんが手をつないであげることで
安心感を感じ、眠れるようになります。

3、指にテープを貼る
医療用のテープを大げさにぐるぐるに指に巻くことで、
指しゃぶりをしなくなることもあります。

●まとめ

baby boy smiling in crib
指しゃぶりは3歳くらいには自然としなくなります。
しかし中にはなかなかやめられない子もいます。
指しゃぶりがなかなかやめられない原因は子どもによって
違います。
神経質になりすぎないように、なぜ指しゃぶりしてしまうのか
子どもに寄り添って、子ども自身から指しゃぶりを卒業できたらいいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 1歳半の子供が歩かないし話さない!原因と発達障害の可能性は?

  2. 1歳の子供がインフルエンザになった!タミフル薬は飲まない?

  3. 小学校の入学祝いで男の子が喜ぶプレゼントランキング10選

  4. 赤ちゃんのまつげが長いけど目が一重!二重になる可能性は?

  5. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?

  6. 紙おむつの危険性ってなに?布おむつにはメリットがたくさん!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る