閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

電子レンジで簡単に料理できるけど電磁波が人体へ与える影響?本当は危険!隠された真実

150415561440_TP_V
電子レンジは素早く、簡単に食材をあたためたり、料理できる

とても便利な調理器具です。

現在はほぼすべての家庭にあると思います。

電子レンジで調理することを前提とした加工食品も次々に

増えています。

赤ちゃんの離乳食も電子レンジを使ったレシピ本もあったりします。

しかし、そんな便利な電子レンジですが、とても危険な

電子機器なのです。

スポンサーリンク

●危険性

ZOM83_samayouzombie20140503-thumb-autox1000-12866

電子レンジは電磁波を発生する調理器具です。

電磁波を食品に急激に与えることで栄養が失われるばかりか

発がん性や被曝リスクも高まってしまうのです。

野菜にはビタミンやミネラルといった栄養素や食物繊維のほかに、

抗酸化作用や免疫系制御、解毒酵素の誘導といった力を持つ「フィトケミカル」という

物質が含まれています。

この物質が茹でた場合は66%、圧力釜では47%、蒸した場合は11%失われるのに対して

電子レンジ調理した場合ではなんと97%も失われてしまいます。

また、電磁波は食品の分子構造にも変化を起こすため、食品に含まれる

ビタミンやミネラルなどの栄養素も低下させます。

酵素にいたっては完全に破壊されてしまうので、たとえビタミンや

ミネラルが存在していたとしても体はこれらを栄養として

取り込むことができません。

さらに電子レンジを使うラップ材やコンビニのお弁当の

プラスチック皿からも発がん性のある有害物質が出され

食品に混入します。

発がん性の活性酵素が増えることや神経系やリンパ系にも

電磁波の悪影響が及ぶとされています。

どれだけすばらしい食材を使って料理したとしても

電子レンジを使うと自動的に栄養不良になってしまいます。

旧ソビエトでは電子レンジについて多くの研究がされていました。

76年ロシアでは電子レンジの使用を禁止したほどです。

スポンサーリンク

●電子レンジを使わないために

ANJ88_ookiiokuchidegohan_TP_V
一番は電子レンジを使うことを前提とした加工食品は

買わないようにしましょう。

料理するのも鍋を使って料理するようにしましょう。

1回の食事で食べきってしまえるような食事の量にする工夫もあります。

もし余りものを冷蔵したとしてもそのまま食べてしまうのもありではないでしょうか。

それでもあたたかいものが食べたいときは

火にかけたり、オーブントースターを使ったり、軽く蒸すのがよいでしょう。

電子レンジの危険性を知ると赤ちゃんの離乳食も

電子レンジで調理したり、あたためたりするのが怖くなってきますね。

便利なのですが、危険もあることも頭にいれておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんの離乳食やだしにも味噌汁を活用!

  2. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?

  3. 食育の基本とはなにか?指導士が子どもに教える食育生活の基本

  4. フッ素加工(テフロン加工)のフライパンや鍋は危険!!人体に与える…

  5. 保育園(幼稚園)に通う子供が給食を食べない!原因と解決法は?

  6. 1歳児の赤ちゃんはお餅を食べられるのはいつから?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る