閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

0歳から始められる赤ちゃん教育法-子供への接し方編-

生後すぐから発達を始める赤ちゃんの脳。

親の思った以上に子供の成長は早く、
日々の環境によって変化していきます。

子供が生まれてどんなことを考えましたか?
「賢い子に育ってほしい」「健康で元気に育ってほしい」「この子のためになんでもしてやりたい」「将来困ることのないように育てたい」と親として誰もが思ったことではないでしょうか?

では親として自分たちになにができるのか?
3歳までに実践しておきたい子供への接し方をレクチャーします。

●子供は教えずとも自分自身で成長していく

kid0042-009

0~3歳の人生初期の子供の脳は劇的に変化します。
教えずとも自分で冒険し学び、新しい発見をしていきます。

そしてそれを見守るのが親御さんの役目です。
それは過保護過ぎず自由放任でもいけない。

子供は自分の知らない世界をどんどん経験していき、
時に立ち止まって振り返ると母親・父親が見ていてくれる。
その瞬間安心感を持ちます。

それでまだ冒険に出ていくのです。

常にそこには見守ってくれているという安心感があり、
なにかあってもいつでも戻れるという安心感を抱いてまた冒険に出かけていけるのです。

スポンサーリンク

●自分で考え行動できる自信をつけるには?

kid0046-009
先ほど自由放任でもいけないと申し上げました。
ここで1番重要なことをお話しします。

子供というのは失敗を繰り返すものです。
そこで親が怒ったり失敗や成功にたいして向き合わずにいると
やっぱり見ていてくれないんだと認識してしまいます。

子供は見守ってくれているしどんどん冒険して行くぞ!
という安心感・好奇心が芽生えてきているにも関わらず
子供の脳にインプットされる前にチャンスを棒に振っているのです。

ではどうすれば子供に安心感を抱いてもらえるかというと
「アイコンタクト」をとるようにすることです。

子供が助けを求めてきたときに忙しいからと言って
向き合わずにいるのはNGです!

子供がおしゃべりを始めたら、ちゃんと向き合って、
目を合わせてにっこり微笑んであげる。

失敗して頼ってきたらしっかりと正面から向き合って
目を見て大丈夫だよっと言ってあげる。

このアイコンタクトを取るという小さな行動がとても重要ですので
どんなに忙しくてもしっかりと向き合ってあげてください。

とても大事なノウハウですので
これだけはお母さん、お父さんもマスターしておいてください!

スポンサーリンク

●親は子供の成長を見守るだけでいいの?

lgf01a201412240600

そんなことはありません。
子育てにおいて子供だけの成長はあり得ません。
親も成長する姿を子供に見せてあげましょう。

子供は親の行動を目で追うようにしています。

子供の人格形成において親の影響というのは
あまり関係がないという研究結果がでています。

人間の脳は人とのかかわりの中で学び成長します。

夫婦の関係・ママ友・親戚・コミュニティ・
おじいちゃん・おばあちゃんetc・・・

親の持つネットワークは子供の人格形成においてきわめて重要です。

社会的に将来成功を収める子供の親は豊かなネットワークを持っていることが多いです。
子供はコミュニケーションの方法を含めてそれを引き継いでいくのです。

そうしたネットワークの構築に早すぎるということはありません。
0歳から多くの人と接してさまざまなことを学びます。

3歳までにそうした訓練を受けた子どもは他人の気持ちを思いやれるようになり
自然とまわりに他の子どもがたくさん集まってくるような子どもに成長します。

なぜなら人とのかかわりが多いことで他の子の気持ちを読み取る能力が高くなるからです。

こういう子供は将来、リーダーシップを発揮して、
社会的に成功を収める可能性が高いといえるでしょう。

親もネットワークを広げていく努力をして子どもが成長していく環境を整えてあげます

そんなネットワーク持っていないという方は今では少し調べればさまざまな
コミュニティがありますので勇気を出して参加してみてください。

そういうコミュニティというのは同じ感情を持ち成長したい人の集まりですので
自分の興味あるコミュニティに参加して自分ネットワークを広げてみてください。

子どものことだけを考えるのではなく

親御さんも自分たちがどういう接し方をしているのか、

どういうネットワークを持っているのかを

今一度振り返り子どもと一緒に成長していってください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 小学生の女の子に習い事スポーツランキングベスト10!

  2. 1歳から始められる人気の習い事ランキングベスト3!

  3. 【引っ込み思案な子ども】消極的な性格にさせない5つのポイント

  4. 子どもの短所は長所になる!言葉の力で弱点を改善!

  5. 0歳から始める♪赤ちゃんを天才に育てる賢い教育

  6. 子供の性格は親の言動で決まる!相手を尊重し、時には叱る育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る