閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

高熱が出たら要注意!子供の夏風邪の症状と対処法まとめ

59e5a0ac-e35c-4091-a9e4-1cba6518900e
ついさっきまで元気だった子どもが
夏風邪を引いたということも
少なくありません。

夏風邪は冬のインフルエンザに比べれば
そんなに重くならないんじゃないかと
思われがちですが、
夏風邪は長引くとも言われていますね。

夏は室内でのエアコンやクーラーなどによって
体が冷えて夏風邪をひくこともあったりします。

小さな子どもをお持ちの親の皆さんは
アデノウイルスとかヘルパンギーナなど
聞いたことがあるかもしれませんね。

それらのものも含めて
夏風邪の症状である発熱、咳、鼻水、嘔吐下痢など
みていったり、対処法について
かいていこうと思います。

スポンサーリンク

●夏風邪の原因は?冬の風邪とは何が違う?

10264000263
風邪のほとんどが、ウイルス感染で起こります。
そのウイルスの多くは寒くて乾燥した環境を好むために、
普通の風邪やインフルエンザは冬に大流行します。

一方、夏風邪を引き起こすウイルスは、
湿度が高くて暑い環境を好みます。
この夏風邪を引き起こすウイルスは、
咳や鼻水、発熱といったよくある症状に加え、
腹痛や下痢などの胃腸障害を引き起こします。
夏風邪は、夏の暑さやクーラーのかけすぎによって
自律神経が乱れて免疫力が低下しているとかかりやすくなります。

●夏風邪の症状は?

9f997f42df23d6368f191a2e7f3d5227_m-e1418271339350-672x372
主に発熱、腹痛や下痢、喉の痛みなど
を引き起こします。

夏風邪の発熱は高熱になることが多く、
子供では39度以上になることもあります。
この夏風邪特有の症状に加えて、
もちろん、普通の風邪のときと同様に、
咳や鼻水といった症状も現れます。

●子どもの三大夏風邪

子どもの夏風邪の主な原因は冬風邪とは違う
別のウイルス、アデノウイルス、エンテロウイルス、
コクさっきーウイルスによるものです。

これらのウイルスに感染した場合、
プール熱、手足口病、ヘルパンギーナという病気を
引き起こします。

●プール熱について

ダウンロード (1)
プール熱の正式名称は「咽頭結膜熱」と言います。
アデノウイルスの感染によって発症します。

プール熱と呼ばれる理由は、感染源の一つとして
不特定多数が遊ぶプールの水が考えられます。
感染力が非常に強く、ひとりがこの病気にかかると
友人知人などを経由して感染が広まりやすくなります。
唾液、便を介しての経口感染や目やにからの接触感染が
あります。

主な症状として
38度以上の熱が5日前後続き、
目の充血やかゆみ、喉の痛みが
あります。

場合によっては腹痛や下痢も現れ、
喉の痛みもあることから
食欲も低下してしまいます。

対症療法がメインとなり、
通常は1週間ほどで症状が
おさまります。

スポンサーリンク

●手足口病について


手足口病はコクサッキーウイルス、エンテロウイルスに
感染することで発症します。
感染経路は、唾液や鼻水、くしゃみなどの飛沫感染や
発疹、便を介しての経口感染があります。

特徴として手のひらや足の裏に水膨れのような米粒大の
湿疹がでます。
この湿疹口の中にできると
痛みを伴い、破れるときはさらにいたくなります。
そのため、食事が取れない子供もいます。

熱もでますが、37度から38度とひどくならず
熱も出ないこともあります。
手足口病は数日で自然に治ることが多く、
湿疹も1週間ほどで治ります。

●ヘルパンギーナについて

kafun_bottoshiteru
ヘルパンギーナもコクサッキーウイルスやエンテロウイルスの
感染により発症する病気です。
主に飛沫感染でかかります。

ついさっきまで元気だったのにいきなり38度以上の高熱が
出たらヘルパンギーナの可能性が大きいです。

また手足口病のような口の中に痛みを
伴う湿疹やのどの痛み、頭痛、吐き気を
伴います。

さまざまな症状が出てくるので焦らないことが大切です。
適切な治療を受ければ1週間ほどで症状は治まります。

●夏風邪を引いたときのケア

gatag-00000675
夏風邪はウイルス感染症なので、
細菌とは違い、抗生物質などの薬は効きません。
基本的には十分に休養をとり、
自身の免疫力で治すしかないのです。
そんなとき、家庭ではどうケアをしていけば
早い回復が見込めるのか
家庭でできる夏風邪のケア方法を
以下にあげますので、参考にしてみてください。

1、水分補給を大切に
喉の痛みが生じたり、具合が悪い時は
食欲がなくなることが多いです。
水分、塩分補給を忘れないように
しましょう。

2、食事に気を付ける
喉が痛いなどの症状があるときは酸味や塩気が
強いものは避けた方がよいでしょう。
のど越しがよく、やわらかいものを食べるように
しましょう。
豆腐や雑炊、おかゆがおすすめです。

3、シャワーを浴びる、汗をかいたら着替える
夏風邪のウイルスは湿気を好み、
汗ばんでいる皮膚にも付着しているので、シャワーは効果的です。
シャワーを浴びれないときはこまめに
着替えるようにしましょう。

4、適温を保つ
冷えすぎには注意して、室内を26~28度に保ちましょう。
クーラーのかけ過ぎは禁物です。
風が直接当たらないように風向きを調節してください。

●まとめ


夏風邪にかからないためには、
日頃から暑さや冷えに負けない体づくりが大切です。
もし、夏風邪にかかってしまったら、
生活環境をしっかり整えてあげましょう。
夏風邪は感染力も強いので、
周囲にうつさない配慮も忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 子どもの短所は長所になる!言葉の力で弱点を改善!

  2. 子どもが添い寝をしないと起きる!いつまで添い寝を続ける?そんなと…

  3. 子どもを抱っこするのが重い?抱っこで筋肉痛になったときの解消法

  4. いつから始める?赤ちゃんのファーストシューズ~サイズ選びのポイン…

  5. 子どもが公園でトラブル !喧嘩や怪我をした時の対処法は?

  6. 1歳児がおたふく風邪の予防接種を受けると副反応が起こる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る