閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

赤ちゃんのくせ毛(天パ)はいつから?直し方と遺伝の可能性について

11038005628
赤ちゃんの時によく見られるクルクルの髪の毛。
とってもかわいらしいですが、大きくなるにつれて
もしかしてくせ毛?天パ?と
気になったりしますね。

赤ちゃんの天パやくせ毛は大きくなるにつれて気にならなくなったり
そのまま天パのままだったり、いろんな場合があります。

そんな赤ちゃんの天パやくせ毛の原因や直し方など
について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

●赤ちゃんの毛は産毛

150714130788_TP_V
赤ちゃんの毛は細くて柔らかくてふわふわしています。
色素自体も大人の髪とは違いうすい色をしています。
これは、赤ちゃんの毛が産毛だからです。
この産毛は個人差はありますが、生後3か月を過ぎたころから
1年くらいで生え変わり大人と同じような毛に徐々に
変わってきます。

ただ、一度毛が生えかわると大人と同じようなしっかりした
毛になるというわけではなく、3歳くらいまでを目安に
何度は生えかわりながら、髪質もくせも変わってきます。

●赤ちゃんのくせ毛の原因は?

baby_yubi_syaburi
1、遺伝
お母さん、お父さんのどちらかがくせ毛の場合、高い確率で
遺伝します。
くせ毛は優先遺伝なのでどちらかがくせ毛の場合は
70%以上遺伝するとも言われています。
ストレートのイメージが多い日本人ですが、
実際は50%以上の人がくせ毛だそうです。

2、毛包のゆがみ
頭皮が原因でくせ毛になることがあります。
実は生えてから毛髪がうねるのではなく、
毛包という毛根を包んでいる部分の形がゆがんでいるために
うねって出てくるのです。
頭皮の健康を取り戻すことで、くせ毛が直る人もいます。

3、毛が柔らかい
赤ちゃんの毛はとても柔らかく細いです。
そのため寝ているときに寝癖が赤ちゃんのくせ毛と
思っていることもあると思います。

4、食事、栄養、ホルモンバランス
食事が乱れると髪に栄養が行き渡らなくなり
くせ毛になることがあります。
母乳や子どもの食事について一度見なおしても
いいかもしれません。

また、思春期を境に髪質が変わります。
思春期に分泌されるホルモンの働きで
髪が濃く太くなっていくのです。
髪の毛母細胞もしっかりと育ち、
大人同様の髪が生えてくるでしょう。
そうなると髪質がしっかりしてくるので
くせがつきにくくなってきます。

しかしくせ毛だった子が急にストレートになったり
また逆にストレートだったのにくせ毛になったりという
ケースもあるので、一概に大人になるとくせ毛が治る
とは言い切れません。

スポンサーリンク

●くせ毛を直すには?

YOU2_DSC_0938_TP_V
☆髪の毛をしっかりと乾かす
髪の毛を洗った後はしっかりとタオルで髪の毛の
水分を吸い取りましょう。
髪の毛を乾かさずにいると
髪が傷みやすい状態になってしまいます。
そのまま寝ることで、髪がこすり合ったりして
くせ毛が強くなってしまう場合があります。

また、髪の毛をなるべくこすらないようにしてタオルで
優しく抑えるような感じで包んでいきましょう。

☆食事の改善
髪の毛の健康によい離乳食を食べさせたり
おっぱいを飲ませたりすることで髪に
栄養がしっかりと行き渡らせましょう。
母乳の場合はお母さんが自分のためにも
髪にいい栄養素が含まれる食事をとるように
しましょう。
ただし、過剰に摂取させるのはいけません。
バランスよくとりましょう。

(髪の毛によい栄養素)

たんぱく質・・・肉、魚、卵、豆など
ヒアルロン酸・・・鮭、カレイ、山芋、おくら、納豆など
ビタミンc・・・野菜、果物など
ビタミンA・・・レバー、卵、バターなど
ビタミンE・・・モロヘイヤ、赤ピーマンなど

●坊主にするとくせ毛が治るって本当?

ANJ86_suyasuya_TP_V
巷で話題になっていると思いますが、
これは事実無根です。

赤ちゃんの頃に坊主にすると柔らかいくせ毛が目立たなくなり
毛が生えそろう頃には髪質が坊主にする前よりも
しっかりしてくるのでそう感じるだけなのです。
逆に坊主にしてしまうことで、赤ちゃんのデリケートな頭皮に
刺激を与え傷つける可能性があるので避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんの髪の毛は、うぶ毛の状態で毛母細胞が未発達なため、
くせがつきやすいので心配する必要はありません。

●まとめ

赤ちゃんの柔らかい髪の毛も
成長とともに変化していきます。
くせ毛だった子がまっすぐになったり、反対にくせっぽくなったり
と変わってきます。
なので、そんなに心配することはありません。
もし気になるようであれば
食事に気を付けて髪の毛に栄養を行き渡らせましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんのよだれが臭い!!そのにおいの原因と洗濯方法について

  2. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?

  3. 赤ちゃんの成長が早いのは障害や病気の可能性アリ?多動に注意!

  4. 子供が保育園に慣れない!原因と解決方法は?

  5. 子どもに与えるテレビやスマホの影響~スマホ依存症は社会問題~

  6. 子どもにえくぼがでてかわいい!!えくぼは遺伝なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る