閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

赤ちゃんのまつげが長いけど目が一重!二重になる可能性は?

LISA78_takaitakai20141018093006_TP_V
生まれてきた赤ちゃん。

顔の印象になるまつ毛が長い・短い、
まぶたが一重か二重か。

これは親としてちょっと気になるポイントですね。

新生児期から月齢が進むにつれて顔も
変わってきます。
もちろんまつ毛や一重、二重も変わってきます。

スポンサーリンク

●まつ毛とまぶたの関係について

ダウンロード (17)
まぶたが奥二重だと、まぶたの際が奥まっているので
まつ毛の長さがやや短くなり見えたりするような些細な差は
あるかもしれませんが、

一重だとまつ毛が長い短い、
反対に二重だとまつ毛が長い短いという明らかな
関連はありません。

二重だとまぶたの際がやや外側をむくため、
まつ毛が上を向きやすく長く見えやすい傾向に
あるかもしれません。

●低月齢の赤ちゃんは一重まぶたが多い?!

Portrait of beautiful smiling cute baby

Portrait of beautiful smiling cute baby


生まれたばかりの日本人の赤ちゃんは、
一重まぶたが多いようです。
もともと日本人に一重が多いので、
遺伝として一重まぶたの子が多くなります。
また遺伝に関わらず、
低月齢の赤ちゃんには顔にも体にも
脂肪がたっぷりついているというのも理由のひとつです。
皮膚がとても薄くて柔らかいので、
まぶたにもぽってりと脂肪がついていて
一重の状態になりやすいのです。

●まつ毛の長さ、まぶたの一重二重は遺伝で決まる?

10161001310
まつげの長さは環境的な要因もありますが、
大きくは遺伝によるものです。

まつげの長い両親からは長いまつげの赤ちゃんが生まれやすいでしすし、
まつげが短い両親からは短いまつげの赤ちゃんが生まれやすくなります。

まぶたについても遺伝的要素が強いようです。
お父さんやお母さんだけでなく、
祖父母のどちらかが二重だと赤ちゃんが二重になる
確率もあがります。
遺伝的に二重だけど脂肪のせいで一重になっている隠れ二重の
赤ちゃんはいずれ二重になっていきます。

●いつから二重になる?

ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V
二重に変化する最初の時期は、
生後3・4ヶ月~1歳くらいが多いようです。
この頃の赤ちゃんは運動機能が徐々に発達し、
よく動くようになるため、
体全体だけでなくまぶたや顔の脂肪も減ってくるからです。
また赤ちゃん時代だけでなく、
もっと成長してから二重になることもあるそうです。
生まれた時に二重だったのが、一重に変わり、
そのままかと思ったら思春期にまた二重になるケースなども
あります。

スポンサーリンク

●まぶたは変化する

Lisa88_sentakubasami20141018094617_TP_V
一重になったり二重になったりという変化は
誰にでも何歳でも起こりうる可能性があります。
傾向として脂肪やむくみがとれてすっきりしたら
二重になったというパターンや
熱が出てから二重になったというパターンが
多いようです。

●赤ちゃんの一重を二重にする方法ってあるの?

PAK95_anjyuyukaninekorobu_TP_V
一重の子は一重のままでいいと思いますが、
二重のぱっちりに憧れているお母さんもいるかもしれませんね。
一重を二重に近づけるということで参考にしてみてください。

☆赤ちゃんのまぶたをそっとなぞる
眠っているときにまぶたの目頭から目じりに向かって
指の腹でそっとマッサージします。
まぶたについている脂肪をすっきりさせる効果が
あるそうです。
でも寝ているときはそっとしてあげていたい気持ちも
ありますよね。

☆まぶたにかるく二重ラインをつける
眠っている赤ちゃんのまぶたに綿棒などの
柔らかいものでかるくくせをつけます。
ヘアピンなどの先が鋭利なものは
皮膚や目を傷つけてしまう恐れがあるので
使わないようにしましょう。

赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケートなので
あまりやりすぎないようにしてください。

●まとめ

kid0068-009
赤ちゃんのまつ毛の長い・短い、
まぶたの一重、二重については
遺伝の要因が大きく関わっています。

まぶたの一重二重については
その時々で変化したり、
大きくなるにつれて変化してくることも
あります。

まつ毛が長くても短くても
まぶたが一重でも二重でも
わが子はとてもかわいいものです。

その子なりの今しかない表情を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 赤ちゃんの成長が早いのは障害や病気の可能性アリ?多動に注意!

  2. 子供の保育園はいつから預けるのがベスト?理想の入園時期とは

  3. 1歳の子供がインフルエンザになった!タミフル薬は飲まない?

  4. 子どもに与えるテレビやスマホの影響~スマホ依存症は社会問題~

  5. 男の子はいつがいい?小学生の子供は何歳で親離れすべき?

  6. 一歳児が夜中におっぱいを突然吐く原因!!対処法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る