閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

赤ちゃんのまつ毛がない!いつから伸びるの?

ダウンロード (17)
生まれてきたかわいい赤ちゃん。

新生児期は1日のほとんどを
寝て過ごすあかちゃん。

赤ちゃんのかわいらしい寝顔には見とれてしまいます。
寝顔をみているときにふと、

まつげに目がいって
まつ毛が長い!短い!
もしくは、まつ毛がない!!

とまつ毛が気になったりすることが
あると思います。

赤ちゃんのまつ毛について
今回は書いていこうと
思います。

スポンサーリンク

●まつ毛の特徴と役割

lgf01a201404282000
人のまつげは目の周囲に発育した体毛の一種で、
その上部にある眉毛は人間のみに見られますが、
まつげは哺乳類全般にあります。
ラクダや馬など、独特なまつげを持つ動物もたくさんいて、
その長さや形も個性的です。

その主な働きについては、
目にゴミやホコリなどの異物が入らないように保護し、
眼球への傷や目の疾患を防ぐ役割があります。

そのためにまつげは特に上の方がより発達していて
反り返って目から離れるように生えています。
猫のひげのように敏感に接触を感知して
反射的にまぶたを閉じさせるのも
目を守るための機能だと言われています。
これはまつ毛の毛根の周りに
知覚神経が集まっているからです。

スポンサーリンク

●まつ毛の長い、短い、機能は?

Fotolia_37052864_Subscription_L
目を守るという機能は、まつ毛の長短には関係ありません。
どんな長さでも目を守る機能はあります。

まつ毛の長さは個人差が大きく生まれたばかりの赤ちゃんでも
まつ毛が長い子や短い子もいます。
まつ毛が長い、短いといっても心配することはありません。

●生まれたばかりの赤ちゃんにまつ毛がない?!

11038005628
新生児の頃にまつ毛がなかったり、
短かったりすることもあります。

大きくなってもそのままというかというとそうではありません。
成長するにしたがって伸びていきます。
逆に幼児期はまつ毛が長かったはずなのに小学生になったら
他の子よりも短くなっているという子もいます。
まつ毛が伸びるかどうかについても個人差があるので
一概には言えませんが、新生児期に短い、
ないからといって心配する必要はありません。

●逆さまつげに気を付けて!

PAK95_bie-nnanjyu_TP_V
まつ毛の長い、短いよりも逆さまつ毛に気を付けてください。
逆さまつげは生え方で2種類に分かれます。
一部のまつげだけが内側に生えてしまう「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と、
皮下脂肪が多いためにまつげが下向きに生えてしまう「睫毛内反(しょうもうないはん)」です。
赤ちゃんは顔の筋肉が発達途中なので
、顔には筋肉より脂肪が多くなっており、
睫毛内反になりやすいのです。
特に母乳やミルクをたくさん飲むような、
平均よりもぽっちゃりしている赤ちゃんには起こりやすいといわれています。
しかし、成長に伴って顔の筋肉が発達してくると脂肪も減っていくので、
逆さまつげは2~3歳頃までには自然に治るのが一般的なので、
あまり心配しないでください。

●まとめ

Portrait of beautiful smiling cute baby

Portrait of beautiful smiling cute baby


赤ちゃんのまつ毛は長い、短い、と
個人差が大きくでることがありますが、
その子その子の個性の一つです。
まつ毛は目を守る役割がありますが、
長い、短いに関係なく、しっかりと目を守ってくれます。

生まれたときにまつ毛がなかったり、短いと
どうしても気にしてしまい、心配になると思いますが、
そんなに心配する必要はありませんので、
子育てに関しては、何事も気長に見守っていくことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 子どもを抱っこするのが重い?抱っこで筋肉痛になったときの解消法

  2. 高熱が出たら要注意!子供の夏風邪の症状と対処法まとめ

  3. 子ども歯の生え方!噛み合わせが逆になる!?よく噛むことは成長・発…

  4. いつから始める?赤ちゃんのファーストシューズ~サイズ選びのポイン…

  5. 赤ちゃんの便秘の原因は?母乳と食べ物で改善できる!

  6. 1歳児の赤ちゃんがおもちゃを投げる!いつまで?対処法を紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る