閉じる
閉じる
閉じる
  1. 赤ちゃんの足の指が変形してる?足育で改善!靴の選び方と履き方まとめ
  2. 小学校のマラソン大会に親が応援に行くのはあり?他の保護者は?
  3. 子供の足指を鍛える足育とは?変形・トラブルの改善方法まとめ
  4. おたふく風邪の腫れが治らない!大人の場合はいつまで続く?
  5. 2歳になる子供はどれくらい話す?遅いのか早いのか言葉の目安は?
  6. 子供はいつから走る?赤ちゃんのうちから走っても大丈夫?
  7. おたふく風邪の潜伏期間はいつまで?外出禁止なの?
  8. 保育園のお昼ご飯の時間は?食べ終わらないそんなときは?
  9. 子供の保育園と幼稚園どっちが安い?費用が高いほうがいい?
  10. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?
閉じる

親子で楽しむ子育て広場

子どもにえくぼがでてかわいい!!えくぼは遺伝なの?

ANJ77_tukuenoshitanikkori20141115104922_TP_V
赤ちゃんが笑ったとき、えくぼが出る子がいますね。

赤ちゃんの笑顔にはとても癒されますが、
えくぼがあると、またさらにかわいらしく
思えますね。

そんなえくぼは親からの遺伝なのでしょうか。
なかには、親にえくぼはないけど、
えくぼのある子どももあますね。

えくぼについてまとめてみましょう。

スポンサーリンク

●えくぼとは?

えくぼとは、人が笑うとき、頬にできる小さなくぼみのことです。
赤ちゃんは一般的にえくぼを持っていますが、成長とともに消え、
大人になってもえくぼを持ったままの人は少ないそうです。

●えくぼができる構造

Portrait of beautiful smiling cute baby

Portrait of beautiful smiling cute baby


頬はたくさんの筋肉でできています。そのうち口のまわりにある
筋肉が縮んで皮下脂肪が通常より少ない時にえくぼができます。
周りより皮下脂肪の少ない部分の皮膚が筋肉組織に直結し、
その筋肉の動きによって生じるものです。
口角をあげたとき、筋肉が収縮され、そこに皮膚が引っ張られてできます。
つまり筋肉同士の隙間になります。

●えくぼは遺伝する?

images
遺伝する確率は高いです。
両親ともにえくぼがあれば、子どもにもえくぼができる確率は
高いです。片親でも50パーセントくらいの確率でえくぼが
できるとされています。
頬の皮下脂肪が薄い部分があるというところが遺伝されるのです。
ただ、遺伝しやすいということです。

親にえくぼがあると、その子にあらわれやすいですが、
親にえくぼがなくても、10人に1人くらいは、えくぼの
できる子が産まれます。

スポンサーリンク

●えくぼはなくなってしまうの?

ekubo_boy
えくぼは赤ちゃんの頃にはあったのに、成長するにつれて
消えていくこともあります。
しかしそれも人それぞれなので、大人になってもえくぼが
ある人はあります。
えくぼは皮下脂肪の少ない部分の皮膚が筋肉の動きによって
生じるものですが、痩せても太ってもなくなったりは
しません。

●えくぼはつくれるの?

笑った時にできるえくぼはとてもかわいらしいものです。
その子のチャームポイントになったりもします。

大人になってからえくぼを手に入れたいと
思ったひとは、今は美容整形でつくってしまう人も
いるそうです。

また、えくぼができるように美容整形には手がでない
と思った人は自力トレーニングをしたり、
メイク術を極めているひともいるようです。

●まとめ

lgf01a201311231000
えくぼは遺伝が大きく関わっているようです。
赤ちゃんの頃はあったのに成長するにつれて
なくなることもあります。
赤ちゃんのかわいいえくぼ、もしかしたら今しか
見れないものかもしれませんね。
一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 高熱が出たら要注意!子供の夏風邪の症状と対処法まとめ

  2. 紙おむつの危険性ってなに?布おむつにはメリットがたくさん!!

  3. 小学1年生が学校に行きたがらない!対応方法は?

  4. 新生児のくしゃみは寒いから?頻繁にする原因と対策

  5. 赤ちゃんのくせ毛(天パ)はいつから?直し方と遺伝の可能性について…

  6. 子供の環境の変化によるストレスの原因は?親ができるケア方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ついこの間まで寝るかおっぱいを飲むかしていた赤ちゃんがいつの間にか寝返りするようになり、ずり…
  2. 秋になるとマラソン大会が学校で行われることが多いでしょう。マラソン大会に向けて日々練習を重ね…
  3. 浮足、偏平足、趾の変形、外反母趾、大人の足だけでなく、子ども達に足のトラブルが多いことを知っ…
ページ上部へ戻る